松尾バルブ工業株式会社

Language 日本語/English

専務ブログ

スタッフブログ

取り扱いバルブ

船用バルブ

下水道用バルブ

産業用バルブ

  • 松尾バルブ工業株式会社のホーム
  • 松尾バルブ工業株式会社の会社概要
  • 松尾バルブ工業株式会社の製品紹介
  • 松尾バルブ工業株式会社の納品実績
  • 松尾バルブ工業株式会社のお問い合せ

専務ブログ

専務 松尾直樹プロフィール

年齢:1979年8月生まれ
血液型:B型
趣味:球技(小学校時代:野球、中学校時代:バドミントン部、高校時代:サッカー部、大学時代:サッカー、フットサルサークル、現在:フットサルを続けています。)
特技:リフティング(25歳の時に1000回以上できるようになりました。)

このブログ導入にあたって、テーマを「気づき」としました。最近、年を重ねるにつれて仕事が忙しくなり、非常に視野が狭くなり、思考が凝り固まっていることを感じていました。その中で、会社のスタッフやお客様、友達、家族などと話をしていると、「ハッ」とさせられる瞬間の貴重さを体感しております。実は、私はブログが初挑戦となります。フェイスブックやツイッターも未知の領域ですが、取り敢えず進みながら勉強していきたいと思いますので、どうぞお付き合い下さい。

~ マネージャー ~

2013年08月16日

昨日たまたまテレビで、BS朝日の「SPORTS X(スポーツクロス)」という番組を見ました。

番組は、「春日部共栄高校 野球部 女子マネージャー 〜球児と共に甲子園を目指した女子マネージャーたちの熱き闘いに完全密着!~」という内容で、埼玉県の春日部高校野球部女子マネージャーたちにスポットライトを当てていました。春日部高校野球部は現在部員数149名、春夏6回の甲子園出場経験のある強豪校です。この野球部を陰で支えるのが3年生3人、2年生1人、1年生4人の合計8人の女子マネージャーたちです。彼女たちの仕事は、部員たちのドリンク作り、間食作り(多い時は1日に800個のおにぎりを作っているとのことです)、掃除、ユニホームの補修や背番号の縫い付けなどで、野球部の甲子園出場を目指して、裏方として部員たちをバックアップするというもので、部員たちの最強サポーターでした。

 

会社におけるマネージャーの役割としては、差異はありますが、課長や係長などの部門長、プロジェクトリーダー、エリアマネージャー、チーフなどの部門管理者やマネジメントを行う役職者として使われているのではないかと思います。

 

今回見た番組は、まさに目から鱗で自分の役割を再認識する機会になりました。僕は専務取締役というポジションで仕事をしていますが、女子マネージャーたちの様に、裏方として会社のスタッフが仕事に打ち込める環境が作れているかと思うと、まだまだ本当に未熟です。部員たちのサポーターとしてのマネージャーたちの役割、スタッフたちのサポーターとしての僕の役割。野球部と工場の違いはあれど大変良い勉強をしました。

 

春日部共栄高校は惜しくもこの夏、予選4回戦で埼玉平成高校に0-3で惜敗することになりましたが、選手たちやマネージャーたちの涙する姿は、本当に感動させられました。TV番組ではありますが、素敵な時間を過ごしました。

 

 RIMG0032


7 / 7« 先頭...34567

~ お疲れ様でした ~

2013年08月14日

今月8月6日、7日と滋賀バルブ協同組合主催の「新人・若手向け研修会」が行われました。これは、バルブメーカや素材メーカの若手スタッフが鋳物工場で研修を行うというものです。毎年、新人スタッフに参加してもらっています。今回は青銅鋳物メーカで、わが社も大変お世話になっている株式会社マツバヤシ様の工場での研修で、今年4月入社の桂巻君と大野君に参加してもらい、鋳物素材や鋳造について2日間勉強してもらいました。

 

鋳物工場でありますので、8月という季節に加え、金属の熔解作業や注湯作業など極めて暑い環境で作業をしてもらいましたので、とても大変だったと思いますが、鋳物や鋳造について、そして実際に鋳物製品を作り上げるモノづくりの醍醐味を味わってもらう良い機会になったのではないかと思います。

 

また、研修前のプレゼンテーションでは、松林社長、松林工場長から仕事に対しての取り組み方について熱く語って頂きました。学生時代は、テストで90点をとれば「よく頑張った。」「良い成績だ。」ということが言えると思います。しかしながら、社会人の仕事においては常に100点をとる必要があります。例えば加工作業においてほとんどの箇所で寸法通りに加工ができたとしても、たった1つの箇所の寸法を間違えてしまえば、不良ということになってしまいます。従って、参考書を見ながら、誰かに聞きながらでも、極端な話としてはカンニングをしてでも100点をとる必要があるということをお話されていました。桂巻君と大野君には社会人としての心構えについて大変参考になったのではないかと思います。

 

社外研修を行うたびに若いスタッフに感じてもらいたいことは、自分の仕事が必ず社会とつながっているということです。自分の仕事を行うには、購買先さんや外注先さんなどの協力がなくては立ち行かなくなり、また、自分の仕事の結果がお客様の船やプラントの部品として機能していることに気づいてもらいたいと思います。気づくことで自分の責任、役割、担いについて良く理解し、仕事に反映してもらいたいと思います。2日間お疲れ様でした。

 

 ~追伸~

今回の鋳造実習で製作した、青銅鋳物のペーパーウェイトです。白鳥やアヒルではなく、滋賀県の県鳥である「かいつぶり」です。古くから琵琶湖にいる鳥です。

R0029934

 

 


7 / 7« 先頭...34567