松尾バルブ工業株式会社

Language 日本語/English

専務ブログ

スタッフブログ

取り扱いバルブ

船用バルブ

下水道用バルブ

産業用バルブ

  • 松尾バルブ工業株式会社のホーム
  • 松尾バルブ工業株式会社の会社概要
  • 松尾バルブ工業株式会社の製品紹介
  • 松尾バルブ工業株式会社の納品実績
  • 松尾バルブ工業株式会社のお問い合せ

専務ブログ

専務 松尾直樹プロフィール

年齢:1979年8月生まれ
血液型:B型
趣味:球技(小学校時代:野球、中学校時代:バドミントン部、高校時代:サッカー部、大学時代:サッカー、フットサルサークル、現在:フットサルを続けています。)
特技:リフティング(25歳の時に1000回以上できるようになりました。)

このブログ導入にあたって、テーマを「気づき」としました。最近、年を重ねるにつれて仕事が忙しくなり、非常に視野が狭くなり、思考が凝り固まっていることを感じていました。その中で、会社のスタッフやお客様、友達、家族などと話をしていると、「ハッ」とさせられる瞬間の貴重さを体感しております。実は、私はブログが初挑戦となります。フェイスブックやツイッターも未知の領域ですが、取り敢えず進みながら勉強していきたいと思いますので、どうぞお付き合い下さい。

~ 縁の不思議 ~

2017年07月02日

普段買い物に行く際にドライブがてら大垣市のショッピングモールに行くことが多いですが、そのショッピングモールのアパレル店の店長さんから、岐阜市にあるカラフルタウン岐阜に異動になる旨のお葉書を頂きました。

彦根市から下道で約1時間40分かかるこのショッピングモールは、大学時代に妻との初デートで映画「ロード・オブ・ザ・リング」を見に行った場所でもあります。大学4年生だった当時の思い出がよみがえり、また懐かしい思い出の場所に親切にして頂いている店長が異動になったので是非行ってみたいという衝動に駆られて久しぶりに車を走らせました。

カラフルタウンの中にある店舗では装いも新たにセールをされておりかなりのにぎわいとなっていました。かなり忙しい状態でしたが僕を見つけてくれて声をかけて頂けました。前の店舗ではスタッフさんも2〜3名でしたがこちらの店舗では6〜7人ぐらいいらっしゃたので大きい店に異動され僕も何だかうれしかったです。

 

僕は生まれも育ちも滋賀の彦根ですが、妻との初デートの場所、アパレルショップの店長の異動などによってカラフルタウンに行くことになった縁は不思議だなと思います。また、店長が異動になるということもその店長がわざわざその連絡をお葉書で縁が切れないようにと案内してもらったからだと思います。

今回お店を訪れたら、既製品ですが素敵な生地のスーツがあり試着させてもらうとストレッチも良く効いて動きやすいスーツがありました。これも縁かもしれないと一目惚れして購入しました。これも店長のおかげかもしれません。

購入したスーツ

【購入したスーツ】

 

縁は不思議なもので良い想いをしていれば、良い縁が巡り合います。日ごろから考えているからとか、アンテナを張り巡らせているからとかということだけではなく、やはり何か不思議な力によって引き寄せられるものもあります。

悩んでいる時はその相談に乗ってくれる人が現れたり、困りごとがあるときはそれを解決してくれる人が現れたり、こういうことが知りたいなと思ったら、そういう本を紹介してもらったりと。縁がめぐってくるという意味では僕自身、本当に恵まれていると思います。

 

最近では、「松尾さん、下町ロケットのモデルとなった人の講演が滋賀県であるから一緒に行こう」。と誘って頂きました。講演される方は、北海道にある植松電機という会社の植松努さんでした。日々の問題や、様々な課題に直面している中でこういう講演に誘って頂き、大変勉強になるのと同時に元気をもらえます。この講演があることを教えてもらった人も、昨年の4月にこういう課題を抱えているので勉強したいと思っていたから繋がりました。そしてその植松努さんという方を存じ上げるきっかけになり、さらにテンションが高くなったのは、たまたま植松努さんの誕生日が僕の誕生日と同じであったということもあります。これも何かの縁と前向きに頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 


〜 教育訓練の神髄 〜

2017年05月02日

先日ベトナムに出張に行きました。ベトナムではスケジュールの合間に現地の20歳前後の若者の生活の場や教育の場を見学する機会がありました。日本でも世代間の考え方の違いもかなり大きくなっており、わが社においても特に仕事の教育訓練は試行錯誤の連続です。特に教え方、教えられ方のギャップは非常に大きく極端ですが、「俺の背中を見て…」「仕事のやり方は盗む…」という世代と、「何を教えてくれるんですか…」「マニュアルや手順書はどれですか…」「ネットに載っていますか…」という世代ではかなりの考え方の差があります。

 

僕の世代、1979年生まれは就職氷河期(大卒求人倍率1.33)であり、僕の1年先輩の1978年生まれと2年先輩の1977年生まれは「超就職氷河期世代」(大卒求人倍率はそれぞれ、0.99と1.09)と呼ばれ、働きたくても働けない、非正規雇用なども多く不安定な環境でした。採用をしてもらうにも、就職してから首を切られないようにするためにも、いかに自分をPRし、いい仕事をしていい意味で目立たなければいけない環境で育ってきましたので、「何か仕事はありませんか」「この仕事を教えてくれませんか」と訴えかけて、そして結果を出さなければという危機感もあったと思います。

 

とはいうものの世代間でそれぞれ考え方や特徴がありますが、やはり時代に合わせて(今の若者の感覚なら今の若者の感覚で)いく必要があります。

 

そういう意味では今回、ベトナムで教育訓練をされていた学校は、非常に参考にもなりました。日本の企業でも再確認しないといけない大事な要素であると思います。

それはひと言で表現すると「論と証拠」です。日本のことわざ「論より証拠」ではなく、論と証拠の両輪で納得させ技術を習得させる。論理的なことを座学で学ばせて、実技をトレーナーの人がマンツーマンで指導する。理論通りにやれば、理論通りの結果になるということを身をもって体験させていました。全ての企業や学校でこのようなトレーニングが実施されているとは思いませんが、実際に今回訪問した場所では、リアルにその現場を目の当たりにすることになりました。日本企業でもやれてそうでやれていないことを目の前で実際にやっている光景を見て大変勉強になります。

 

OJTの様子

【OJTの様子】(先輩が後輩に指導中)

 

時間が余ったので20歳そこそこの若者が住んでいる寮も見せてもらいました。寝室、お風呂?というより水を浴びる場所、トイレ…いかに日本が恵まれているということを考えさせられます。

若者に対しての教育訓練とは必要な技能を習得させることと同時に、一人で自立して生きていく力を身につけさせるということでもあるんだなと改めて気づかせてもらいました。これが教育訓練の神髄なのかなと思います。勉強にしても仕事にしてもやり方を学ぶということだけではなく、生きていくための力を習得しなければいけないということを教育していかなくてはと感じます。

 

寮の様子

【寮の部屋】(8~10人の共同生活)

 

(追伸)街を歩いていると親子が石で遊んでいました。伝統的な遊びだとは思いますが、お母さんの手にはスマホが握られています。デジタル化が一気に進む時代。新興国も含めて一気に時代が変化する時代なんだなと改めて考えさせられます。

 


~ 新しい季節 ~

2017年04月03日

4月になりました。また新しい年度を迎え学生や新社会人のみなさんについては本当に不安と期待が入り混じった季節を迎えました。わが社にも県内の工業高校から新卒の採用をさせてもらいました。18歳という年齢に、いよいよ僕の年齢(37歳)の半分以下の人間が入社するようになったのかと大変うれしい気持ちとおっさんだなぁという現実が…。

 

初日に入社式を行い、午後からは草津市において県内の中小企業の新入社員数十名とホテルで合同の入社式が執り行われました。翌日には新入社員研修が行われ、非常に若々しくまさに「フレッシュ」感が半端ない若者たちと一緒に時間を過ごさせてもらい大変刺激的です。

 

新入社員研修の中でグループディスカッションの時間があり、そのテーマに「仕事とは」何なのか?というテーマにそれぞれの意見を聞かせてもらいました。高校や大学を卒業したての新社会人に対する考え方の中に割と多く存在していたのが「社会の役に立ちたい」という意見でした。生活のため、お金のためという意見も出るかなと構えていたのですが、社会の役に立ちたいという意見には正直驚きで、僕自身が社会に出た時と比べても今の若い人はすごいなと驚きです。社会の役に立ちたい、それも自分の能力や特技を発揮できる形や興味あることで。ということが仕事の定義になるのかなと僕自身も改めて勉強させてもらいました。

 

合同入社式

【合同入社式】

 

 

先月まで学生であった新社会人が入社するということで、教育訓練をどうしていくのか、どのように育てていくのかなどを考えていくことで、逆に会社側としても考えさせられることもたくさんありました。新入社員を育てていくことで、実は会社が育てられているということを実感させられます。

 

~追伸~

本年は学生の新卒採用ができましたが、これから人口が急激に減っている現実を日本が抱えています。日本国内のビジネスモデルは急激な人口増加という局面で作られています。しかしながらすでに人口が急激に減っていく局面であるにも関わらず、人口増加を前提にしたビジネスモデルが未だにはびこっています。このような中で、多くの会社はコスト削減や無理な働き方を推し進め、また、昔と比べて壊れやすい商品によって需要の強制的な創出がなされている場面にも出くわしてしまうのも残念です。

 

今年は働き方改革の元年のとも位置付けられる年です。労働時間の削減を推し進めていくことは労働者にとっての心身の負担を図り、早く帰った時間で趣味や勉強、スポーツなどで人間的な視野を広げ人間としての成長が欠かせません。女性や外国人、高齢者なども働きやすい環境を整備し多様性(ダイバーシティ)によって競争力を高めないと、人口減どころではなく、時代の波にのまれてしまうと気が引き締まる思いまでもあります。

 

ただ、海外に出張した際につくづく感じるのは、特にアジア圏内の労働者には月の休日が2〜3日という国もあり、いつか豊かな生活を夢見てガムシャラに働いているいる爆発力を秘めた人々も多く存在しているのも事実です。日本のおかれている立ち位置を認識しつつ、世界がどうなっているのか冷静に見極め、意識して新しい季節のスタートを切りたいと思います。

 


~東日本大震災から6年~

2017年03月11日

あの東日本大震災から6年が経とうとしています。あの日は遠く離れた彦根でも揺れを感じ、最初はめまいかなと思っていたら関東や東北は大変なことになっていました。

 

震災から間もない3月15日には出張のため中国に行くことが決まっていた僕は関空へ。日に日に明らかになる被害状況、亡くなられた方の数が積みあがる毎日の中で関空もいつもと違う異様な雰囲気でした。

僕自身が最も印象に残っているのが離陸直前の飛行機の中の様子です。この国が大きな悲しみと混乱に包まれている中で「日本から本当に離れてもいいのか」という気持ちの乗客。機内で被災地の惨状を伝える新聞記事を読み、またこのタイミングで日本を離れる辛さに多くの人が泣いていました。 中国に着いてホテルにチェックインをしてテレビをつけると中国国内も報道特別番組を組まれてニュースを流していました。特に日本では放送禁止レベルや配慮が必要な映像まで一部報道されており被災地のリアルな現状に苦しい気持ちで過ごしていたことを記憶しています。

 

先日NHK BS1で放送していた「のぼれ 僕たちの坂道~大槌・夢ハウスの子どもたち~」をたまたま見ました。子どもの夢ハウスは、岩手県大槌町にある震災で家や家族を失った子どもたちや悩んでいる子どもたちを受け止めてあげたいという想いで2013年4月に作業療法士の藤原茂さんによって開所されました。夢ハウスの紹介、子どもたちと藤原さんの喜怒哀楽が詰まった生き様が描かれていました。 親を亡くし、子を亡くし、家や思い出、地域そのものが消えてしまったあの日から子どもたちの悲しみのを背負いながらも力強く成長していく姿に心が締め付けられる思いです。

 

震災から6年が経ち徐々に復興してきたという部分、まだまだ手が付けられていない部分といろいろとあります。町はつくり直されていますが、震災が発生した際に非難ができないようなまちづくり、救助したくてもそれを阻むようなまちづくり、救援物資がとどけられないようなまちづくりでは教訓を生かしきれません。

苦しみや悲しみを背負った子どもたちが明るく笑顔で走る日々が訪れる本当の心の復興に向けて日本全体で盛り上げていかなければと改めて思います。悲しみの振れ幅が大きかった分、その反動分の幸せが巻き起こるような復興が必ず来るように未来の日本や子どもたちに想いを馳せ、日々僕も頑張らなければと思います。


~微妙な変化に気づく~

2016年12月15日

11月にマラソンを走ってからちょっと無理をしたのか、目標に向けて気が張っていた気持ちがひと段落したのか体調を崩してしまいました。微熱に倦怠感が続き首を傾けると後頭部に激痛が…病院に行くと副鼻腔炎と診断されました。 30歳を過ぎてからよく感じるのは、若い時と比べて体の異変に気付き出すことが多くなりました。いつもと違う感覚、例えば水を飲んでも美味しく感じない、食べ物の匂いがわかりにくい、体が硬くなったなどがあると思います。そういう時はほぼ間違いなく体調が下り坂になります。社会人になるとある程度生活のリズムが定まり時間の使い方もルーティーン化する中で、いつもと調子を崩した時のわずかな差を感覚的につかめることができるようになりました。

 

毎日同じメニューや行動をルーティーン化することでそれが日常の基準となって、いつもと違う微妙な変化に気づくとやはり何かがおかしい、調子が崩れているという状態を感じることができると思います。微妙な変化に気づけるということは、何らかの予兆やいつもと違う何かに感覚的に感じ取り、冷静に判断ができたり、とっさに体が動いたりすると思います。そういう点では、仕事におけるルーティーンの準備や確認は改めて大事なんだと考えさせられます。機械の異音、ワークの切り粉、スタッフのみんなの挨拶の受け答え、いつもと違うぞという微妙な感覚を感じることが一大事になるかならないかの境目だと思います。

 

また、単にルーティーン化するだけでは微妙な変化には気づけません。感覚、センスが良くなくればと思います。よくセンスがあるとかないとかという表現がされますが、センスは磨くものという話を聞いたことがあります。磨けば磨くほどセンスは研ぎ澄まされると思います。意識してセンスを磨き、感受性を鍛える…来年のテーマにしていきたいと思います。

 

(追伸)今年の夏から秋にかけてはカメムシが例年よりもかなり多く大量に見られました。よくカメムシが大量に発生するとその冬は大雪になるよく言われます。カメムシも人間には分からない、何らかの環境の微妙な変化に気づいてるのかもしれません。僕が保育園の頃は大雪が降って積もった雪に足を取られて体が抜けなくなって泣いていた記憶があります。どこかでまた大雪を見てみたいなという気持ちもありますが、この冬は大雪に気をつけて過ごしたいと思います。


~ 初マラソン(10KM)完走 ~

2016年11月16日

11月13日に行われた、第30回ひこねシティマラソンに参加してきました。小学生の頃にスポーツ少年団で1度だけ参加したことがありましたが、それ以来の参加なのでかなりドキドキしていました。

コースは3KM、5KM、10KMで今回10KMに挑戦しました。6月位から徐々に体を作らなければと意識していましたが、なかなかしっかりとトレーニングができないので、10日に1回程度、5KMを走るというメニューで11月13日に照準を合わせてきました。そして、ようやく大会1週間前に9KMまで走ることができました。

 

大会の前々日に体調が崩れてしまいましたが、なんとか栄養ドリンクの力も借りて当日を迎えました。9時過ぎにスタートとなるので、3時間前の6時にパスタを食べ炭水化物を、そしてスタート30分前にチョコレートを食べすぐにエネルギーに変わるようにして珍しく食事にも気を使いました。

 

会場で受付を行うと参加者の数にまず驚きです。主催者発表では約3,800名の方が参加されているとのことで、仕事でお世話になっている方、後輩や先輩など久しぶりに会う知り合いも多数見かけました。(わが社からも僕以外に2名が参加しています。)

スタート直後は完全に集団に埋もれながらのレースになりましたが、3KMあたりから集団が散り始めたので徐々にペースを上げていきました。また、少しずつ順位が上がり始めていくとまたペースも上がり始めました。

5KMぐらいまでは順調でしたがそれ以降は、10KMにエントリーされている方々のペースがほとんど崩れずになかなか抜けないという状況に陥りました。それだけエントリーされている多くの方がそれなりのトレーニングを積んでおられることを実感しました。

何とか初マラソンを歩くことなく完走でき、タイムは48分49秒、順位も39歳以下の部で651人中178位という満足の結果になりました。足首が悲鳴を上げて夜にはパンパンに腫れましたが、走り切った達成感の方が強く、年齢を重ねてもタイムが伸びていきそうな感じなのでモチベーションが上がります。

 

10KM完走証

【10KM完走証】

 

練習をやり始めた夏場は2KM走ったら体力面でも、そして気持ちの面でもすぐに歩いてしまうことが多かったのが現状です。そこそこ体力に自信もあったので、マラソンの練習をやり始めるとすぐに走れるだろうと思っていましたが、現実は甘くなく、体調によってもタイムが大きく落ち込んだり、今日は調子が良いぞを思ってもそれほどタイムは伸びない状況も多々ありました。

体調管理やウォーミングアップの臨み方、食事のバランスも含めて本当に少しずつしかタイムが良くなりませんでしたが着実にレベルを上げるにはこれしかないんだと改めて気づかされました。

 

仕事でも趣味でもそうですが取り組む事柄について、一足飛びやウルトラCを期待しがちになります。一気に改善する、良くなるということはほとんどなく、地道に基礎や勉強の繰り返ししか本当に力がつかないことをこのマラソンで気づかされました。また、マラソンは地道な競技ではありますが、入念なウォーミングアップやクールダウン、負担が少ないランニングフォームなど非常に奥が深く、準備を怠ってしまうと全くパフォーマンスが発揮できないどころか逆に怪我につながってしまうこともあるので、自分の身心と向き合うための時間ということで生活サイクルの中に今後もマラソンを取り入れられたらと感じました。

(追伸)今回の30周年記念大会も大変盛り上がりました。参加賞としてなかなかいい感じのひこにゃんTシャツを頂き、テンションが上がります。この大会のボランティアスタッフとして多くの知り合いの方も受付や豚汁配り、警備として頑張っておられお疲れ様でした。

 

30周年記念Tシャツ

【30周年記念Tシャツ】


〜 銀メダリスト桐生祥秀選手 凱旋 〜

2016年11月05日

リオデジャネイロオリンピックの男子陸上400Mリレーで見事に銀メダルを取られた彦根市出身の桐生祥秀選手が、11月3日に開催された「ひこね城まつり」で凱旋パレードをされました。この日は小雨が降っていましたが天気も徐々に良くなり、桐生選手の凱旋パレードの際にはすっかり雨も上がって沿道には多くの方が一目見ようと集まっていました。(新聞社の記事によると7万人が訪れましたとのことです。彦根市の人口が11万人であることを考えると驚異的な数字です。)

 

僕が子どもとお堀沿いを歩きだしてしばらくすると道の向こうから徐々に近づいてくる桐生選手がピンク色のオープンカーにひこにゃんと一緒に乗って現れました。桐生選手をこんな間近で見られたことは単純に感動しました。堂々とした立ち振る舞いと沿道に詰めかけた多くの人々に手を振る姿には多くの方がエネルギーをもらったと思います。また、メダルも見れて良かったです。

桐生選手の凱旋パレード&ひこにゃん

【桐生選手の凱旋パレード&ひこにゃん】

 

男子陸上400Mリレー決勝をリアルタイムで観戦し感動した方は本当に多いんではないかと思います。優勝したジャマイカチームやアメリカチームのように個人で100Mを9秒台で走れる選手がいない中、アンダーハンドパスに注目し徹底的にそこに取り組んで100分の1秒の短縮を積み重ねてメダルを獲得した日本チームは、正にチームワークや工夫、改善という日本の底力そのものを見せてもらいました。日本を代表する選手がこの地の出身ということで改めて誇りに感じました。

 

 

桐生選手の凱旋パレード終了後は、毎年恒例の様々な演武や大名行列、小学校や高校のマーチングバンドなど大変楽しませてもらいました。子どもが通っている小学校でも6年生全員がマーチングバンドをやっているので、いずれはあの中の何らかの楽器を持って演奏する姿を想像すると今から楽しみです。

彦根鉄砲隊の演武

【彦根鉄砲隊の演武】

 

彦根火消列による演技

【彦根火消列による演技】

 

(追伸)最近は彦根城のライトアップをしており、色々と趣向を凝らして彦根市内外にPRをされています。夜ランニングをしているコースにも見事な照明で見とれてしまう場面もあります。しかしながら、彦根へ来られる観光客の多くがお隣の京都、あるいは大阪や愛知で宿をとられるので、彦根の夜の街を感じてもらう機会がどうしても少ないのが残念です。

これは彦根市の観光産業が彦根城や大河ドラマありきになっていることが大きな要因だと思います。国宝の城という価値だけでの集客も限界があり、姫路城と比べてもかなりの差をつけられえているので、新たな彦根市の魅力を再発見し(彦根市民が気づいていない日彦根にしかない圧倒的な魅力)、それなりの努力を重ねていく必要があります。また、1日まるまる観光できる場所も不充分なので泊まるほどではないということ、そして彦根市は滋賀県内で最も大きな規模の飲み屋さん街がありますが、カップルや家族が夜遅くまでくつろげるお店が少ないということなども挙げられます。まだまだ観光地としての課題は多いですが、彦根に会社があるわが社としてもこの街の魅力を発信していかなくてはいけないと感じます。

 

彦根城周辺のライトアップ

【彦根城周辺のライトアップ】(本当にきれいです。)

 


〜 アイセックパーティ 2016 〜

2016年10月01日

10月1日に滋賀大学さんのアイセック滋賀大学委員会のアイセックパーティに参加させて頂きました。昨年に引き続き今年も参加となりましたが、これは昨年の参加時に大学生の皆さんと交流することによって、若い感性や感覚、考え方に非常に驚き感動したからです。最初は自分の年齢の半分位の学生の皆さんと交流を図ることは、少し戸惑いましたが驚くほど色々な事を考えられておられたり刺激的でした。会の設営についても本当にうまく進められておりました。

 

ミーティングの様子

【ミーティングの様子】(学生さん達の活動内容の発表など)

 

プレゼンテーション

【プレゼンテーションの様子】(滋賀県の新しいゆるキャラについて)

 

 

人は年齢を重ねていくと、なかなか新しいことにチャレンジすることや若い世代の方と交流することが億劫になってしまいます。僕自身、中堅?という年齢になる中で、慣れた事や慣れた人間関係に自然と浸かりたくなります。このような中で、学生の皆さんと企業との交流の場に誘って頂き、脳が活性化する次第です。特に学生生活は4年間という非常に限られた中であり、その中での委員会活動はスピード感がなくては次のステップに進んでいきません。また、アイセックさんの活動の主たる事業は、日本と海外との人材の交流を図るインターンシップ事業でもあることから、人種や国の壁を越えていく必要があります。これは自分自身や組織、地域という単位で見ても大変エネルギーが必要な事でもありますが、このエネルギーが火種となって、周囲の人々に自発性やチャレンジといった前向きな想いの活性化につながっていると思いました。

 

また、学生の皆さんの中には1年前に拝見した時と比べて非常に大人の目つきや顔つきになられており、非常に頼もしくなっておられました。人々が成長するために必要な要因の1つとして組織が欠かせません。きちんと個人を護ってあげる環境がそこにあること、そしてその組織の中で鍛えられ社会に出てもたくましく生きていけるために心身ともに育てていくことです。1年間で学生の目つきや顔つきが大きく変化していることは、これからの日本にとっても大変うれしいことであると思います。

今年も招待頂き有難うございます。また、当社ホームページの掲載用に写真も提供してもらい助かります。

 

アイセックパーティ集合写真

【アイセックパーティ集合写真】

 

(追伸)10月1日からは会社の新年度になります。今期は株式会社となって60期を人間でいうところの「還暦」(生まれ直し)となります。残さなければいけない古き良き伝統。変えていかなくてはいけない悪しき慣例。60期を迎えた今年、僕自身も午前中は新たな力量を身に着けるための取り組み、そして午後は学生の皆さんと交流しエネルギーをもらって60期目を充実してスタートさせて頂きます。


〜 ちびまる子ちゃん 〜

2016年09月12日

長男はここ1年半前くらいから恐竜にハマっています。夏休みの自由研究は「肉食恐竜の研究」をテーマにして取り組んでいたこともあり、福井県立恐竜博物館に連れて行きました。5時間くらい恐竜博物館で過ごした後、ちょうど帰り道にある鯖江市で「ちびまる子ちゃん展 in さばえ」をやっていることも知っていたのでこちらもついでに行きました。30代後半から40代の世代の方は、ちびまる子ちゃんの時代背景や設定、友達や家族との関係など非常に共感できる点が多いと思います。

 

IMG_4064

【ちびまる子ちゃん展 in さばえ】

 

ちびまる子ちゃん展でとても良かったことは、1990年からアニメ放送されている歴代のオープニングとエンディングの動画と歌が紹介されていた点です。皆さんご存知の「おどるポンポコリン」はアニメ放映当時は、オープニング曲ではなくエンディング曲でした。アニメの放映の初期のオープニング曲は、関ゆみ子さんの「ゆめいっぱい」です。26年以上前の曲ですが、僕は「ちびまる子ちゃん」に完璧にフィットする最高の曲ではないかといつも思っています。

 

【ちびまる子ちゃん 初代オープニング曲 ゆめいっぱい】↓↓↓

 

 

〜追伸〜

「ちびまる子ちゃんのアニメが1990年から放送されてからずっとまるちゃんのお姉ちゃんであるさくらさきこの声優を務められてきた、水谷優子さんが乳がんのため51歳の若さで5月19日に亡くなられました。 僕自身もちびまる子ちゃんの単行本は全て持っており好きな漫画・アニメの1つであり、お姉ちゃんの声がお姉ちゃんの声でなくなるということは大変残念です。

 

水谷優子さんがお姉ちゃん役を務める最後の放送回は5月29日で「お姉ちゃんと写生大会に行く」でした。まる子とお姉ちゃんが姉妹で写生大会に行き、最初はお互いに気が乗らなかったり、姉妹喧嘩をしたりしてましたが、最後は姉妹で来てよかったねという内容で、姉妹の絆がとても印象的で心温まります。これぞまる子とお姉ちゃんの関係が凝縮されており、水谷優子さんの訃報を知っている方は特に感慨深く見られていたと思います。

 


~ 大した手間じゃないから ~

2016年06月05日

とてもお世話になった方が、42歳の若さで亡くなられました。

その方は地域のボランティア団体が同じで、その団体で僕が会計をする際に色々と助けて頂きました。会社経営者で、休みも少なく朝から晩までお仕事をされて大変多忙な方でありました。僕がボランティア団体の会計をする時にまったく何も分からない中で相談させてもらったら、クリスマスシーズンや年末と年始いう大変多忙な時期にも関わらず、仕事が終わってから夜10時くらいに会社に駆けつけてもらい日付が変わってからでも手取り足取りいろいろと教えてもらいました。雪が降る中でも、嫌な表情を微塵も見せずに会社に来てもらって一緒に手伝ってもらったり、たまに僕がぶらっと仕事場に伺った際も、一緒に飲みに行ったり感謝感激です。

 

僕の作った会計資料を手直しする際にも、面倒くさいことはたくさんあったと思いますが、「大した手間じゃないから今のうちにやっておこう。」とか「どうせやるならいい仕事しよう。」と声をかけてもらって励ましてもらいました。本当に有り難かったです。

また、土門拳の写真集をはじめ、様々な書籍を探している際にも方々手を尽くして探してもらい調達してもらって助かりました。

 

人に何かを教えていく、指導していくということは並大抵のことではありません。「何でこんなことができないの」、「何回言ったら分かるの」とつい口にしてしまいがちですが、その方は何も分からない不安で困った顔をしていたど素人の僕に対して、同じ目線に立って、会計のことから仕事のことまで色々と教えてもらい本当に温かく懐の深い方でした。

また、すごく新しいもの好きで便利なものや流行りそうなものを持っておられ、時代を先取りされており頭の柔らかい方でした。その反面、まさに古き良き時代の少年という感じでもあり、わんぱくで優しくて、みんなが集まってくる純粋な雰囲気を醸し出していました。

亡くなられる少し前にも、また飲みに行こうとお話をされており僕自身も楽しみにしていました。それが叶わなくなってしまった今、めちゃくちゃ寂しいです…。

心からのご冥福を心からお祈りします。…それから探してもらっていた本ですが、隣町の図書館の書庫にありました。50年以上前の本だったので半ば諦めていましたが、借りることができました。色々と探してもらって助かりました。本当に有難うございます。